toggle
ブログ
2018-10-16 | ブログ, 人類学

馬場悠男(人類学):骨から探る人類史~思いやりの心を未来の子孫に向ける

日本顔学会元副会長で国立科学博物館名誉研究員の馬場悠男先生(日本人類学会元会長)の記事がありましたので紹介します。

ナショナルジオグラフィック日本版サイトの武蔵野美術大学教授(文化人類学)関野吉晴先生(カッコ内の肩書きは冒険家となっています)がナビゲーターを務める「科学者と考える 地球永住のアイデア」という連載の、第1回が「馬場悠男(人類学):骨から探る人類史~思いやりの心を未来の子孫に向ける」で、(提言編)、(対談編)の2回に分けて構成。

写真は第21回日本顔学会大会(フォーラム顔学2016)「表現する顔」@東京芸術大学で小河原 智子(株式会社星の子プロダクション)に似顔絵を描いてもらう馬場悠男先生とその似顔絵。

「想像共感能力」思いやりの心

 

第1回 馬場悠男(人類学):骨から探る人類史~思いやりの心を未来の子孫に向ける(提言編) | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ぼくは人類の「想像共感能力」、つまり思いやりの心が、地球永住のカギになると考えています。

と最初に結論があります。

私の地球永住計画 の、

70億を超える人々の欲望を制御し、現代文明を崩壊させることなく安定的に縮小することができるかどうかは、創造改革能力を大いに発揮し、想像共感能力すなわち思いやりの心を現在の同朋だけでなく未来の同朋にまで拡げられるかにかかっている。つまり、自らを律し、祖先たちの自然と共存する慎ましやかな生活に戻ることだろう。具体的には、日本なら昭和初期、江戸時代、縄文時代などのモデルが考えられる。さらに、脳も身体も縮小しながら、原人としての石器文化を維持して100万年間も生き延びたホモ・フロレシエンシスという究極モデルもありうる。

と人類学の観点から提言されています。

「思いやりを発達させたホモ・サピエンスの子育て」

を、さらに進化させて、

家族ではない人への思いやりも(人類は皆家族だし、今の時代だけでなく未来を生きる人も皆家族)もてるようになれば、人類も新しい時代を作ることができるのではないでしょうか。

逆に現代は「思いやりを発達させたホモ・サピエンスの子育て」さえもなくなってきています。

逆に暴力的になった現代人?

初期猿人、猿人、原人、旧人、新人の人類の5段階の化石を調べると、人間らしさを示す4つの特徴の発達の仕方があった。

1 チンパンジーのような暴力性は、人類の誕生とともになくなりました。犬歯が急速に退化したことからうかがえます。

とのことですが、

最近の日本を見ていると精神的な暴力性、攻撃性が非常に高くなっているように感じます。

これも日本人から「思いやり」が退化したからなのかもしれません。
※戦後教育が大きく影響していると個人的には感じます。

初期猿人→猿人→原人→旧人→新人ときて、新人(現代人)から「思いやり」がなくなり、逆に「暴力性」が芽生えてくるなんて変な話です。

少欲知足と自然との共生こそが人類が地球に暮らすカギ

第1回 馬場悠男(人類学):骨から探る人類史~思いやりの心を未来の子孫に向ける(対談編) | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

この関野先生との(対談編)で馬場先生が言う

日本列島は未来永劫農耕が可能な理想郷です。山があるから雨が降る。火山があるからミネラル豊富な土壌が生まれます。四季の変化があって、多種多様な動植物がいます。海産資源も豊富です。ですから、人口を減らして7000万人ぐらいにすれば自給自足できるわけです。しかも化石燃料の消費を10分の1ぐらいに落として明治から大正時代と同じくらいにすれば、ずっとここで生きることができる。そんなモデルを私たちが作って世界に提案することができれば、22世紀の人類から感謝されるかもしれません。

「人口を減らして7000万人ぐらいにすれば」っていう部分は、ちょっと考える部分ではありますが、 第5回HC塾「情報文明を人類史の枠組みのもとで1000年単位で俯瞰する」で、 原島博先生も似たようなお話をされていたのを思い出しました。

大量生産、大量消費のアメリカに代表される経済中心の社会は行き詰まる。

人間はそのような生活から「人間らしい生活」に。

そのモデルを作れるのは日本かもしれない。

経済的には中国にもインドにも抜かれたけども、だからこそ経済発展のその先が考えられる。

と。

対談相手の関野先生の

ヒンドゥー教の神様と日本の伝統的な神様はよく似ていて、人間に恵みを与えてくれたり、懲らしめたりしますが、自然もそうですよね。自然がなければわれわれは生きていけない。でも時々懲らしめに来るんです。台風とか地震とか。それはそういうものだと思っていて、それをぼくは崇めています。感謝もしています。畏れてもいます。それがたぶん欲望を抑えるんじゃないか。

エチオピアのアファールで出会ったイスラム教徒の少数民族が200頭ぐらいのラクダやロバや山羊を飼っていて、「たくさん増えたらいいですね」と言ったら「いや、これでいいんです。アラーから授かったものだから、大切に育てるのが私たちの役目です」と言われました。自然や神を畏れ、謙虚な心を持てば、孫やひ孫にちゃんとした生態系を残せるんですよ。

っていう部分も最近の自然災害から日本人が学んだことのはずです。

仏教にも通ずる部分で「少欲知足」

足るを知る、欲張らない、貪らない生き方ことが大切です。


第21回日本顔学会大会(フォーラム顔学2016)「表現する顔」@東京芸術大学で馬場悠男先生が出展していた作品「自分の顔の復元」。

 

 

花王【ボタニカルフェイスメーカー】で綾瀬はるかさんの似顔絵を作ってみました。

日本顔学会でもお世話になっている花王さん。

その花王さんの商品「ボタニカルな香りを楽しめるフレグランスニュービーズ」プロモーション用の似顔絵を作れるフェイスメーカーのサイトがオープンしていました。

本物の植物で似顔絵を作成できる

のがポイントで、

※選んだ植物の種類によって、性格も判断できます。

とのこと。

女性だけでなく男性もできて、大人も子供も赤ちゃんも選んで作れるのですが、
絵柄的と花や草食が多いほうが楽しくなるので綾瀬はるかさんの似顔絵にチャレンジ!

選べるパーツは838種類

で、パーツの位置(距離)の調整はありません。

髪型は外はねヘアを選んでいたのですが、ハット(ヘッドパーツ)にこれ(パイナップル)を選んだところ、より綾瀬はるかさんの顔のイメージになったのでこれにし、髪のパーツは消えてしまいました。
※前髪ひとつ結びをドラマか何かでやってた?

性格判断は「おしとやかな一匹狼」に。

みなさんもぜひ似顔絵を作って遊んでみてみてください。


https://newbeads-botanicalfacemaker.com/

 

 

 

 

顔相鑑定士が見抜く本当にエロい女子アナ神7@エキサイティングマックス!Special

10月11日(木)『エキサイティングマックス!Special vol.127』(ぶんか社)
が発売になりました。


エキサイティングマックス!Special vol.127
ぶんか社

「女子アナ特集号」ということで、

総力特集
顔相鑑定士が見抜く!
本当にエロい女子アナ神7

を目次明けの20ページから25ページまで全6ページで担当させていただきました!

過去の実績から、(占い等あらゆるジャンルを含めても)女子アナのエロ鑑定をやれば池袋絵意知の右に出るものがいない?というわけで今回も私に白羽の矢が。

でも、ただのエロ企画ではないんです。

最初の1ページを顔相鑑定の説明部分に割いてくださったりで、「顔とは何か?」について今回初めて使った「造語」もこの本で公開させていただきました。

本当にエロい女子アナ神7

に選ばれたのこの方々。

加藤綾子、水ト麻美、竹内由恵、鷲見玲奈、宇垣美里、夏目三久、大橋未歩(登場順:敬承略)

トップ10、トップ5などのように上位7人を表現する時は「神7」が定着してきましたが、ここで「神7」を使うのはさすがだと思いました。

誌面もフォントの使い方が上手く、タイポグラフィ(文字組)デザインが見事です!

担当の編集者が細部に渡って丁寧に仕事してくださり、読者の方にとっても楽しい内容になったと思います。

ありがとうございました。

ぜひ、ご覧ください!

竹内由恵さん

個人的に大好きなお顔です。
いろいろあって今テレビの仕事は全て断っているのですが、竹内由恵さんに会える番組なら出てもいいかな?と思ってるくらいで。
竹内さんのことは、爆笑問題(太田光・田中裕二)MCの『全国おもしろニュースグランプリ2011』(テレビ朝日系列)でANN系列の女子アナが集る番組でチラっと見たくらいで、その時も竹内さんを3位とかに選んだ記憶があるのですが、あれから7年経ってもいいお顔(さらによくなってる)をされているのは素晴らしいですね!

長嶋一茂さんの顔相鑑定&総裁3選が決まった安倍首相「顔相鑑定」したら「見識が…」

10月9日(火)発売の『FLASH DIAMOND[フラッシュ ダイアモンド](光文社)』

2018年11月10日増刊号
FLASH DIAMOND(フラッシュ ダイアモンド)
表紙モデル:川崎あや

先月の総裁選圧勝報道で安倍総理「ドヤ顔」を顔相鑑定だ に続いて、今月は増刊号で長嶋一茂さんの顔相鑑定。

92ページ94ページの

52歳にして突然のブレイクの理由は、ズバリ××だから
長嶋一茂は本当に「バカボン」なのか?!

のうち93ページはほぼ顔相鑑定です。

ミスタージャイアンツ・長嶋茂雄を父に持ち、二世タレントとして活躍中の長嶋一茂さん。
プロ野球引退後、タレント転身した彼が今なぜかブレイク中。

その理由を、一茂さんに関するトリビアで構成する特集記事なのですが、私も一茂さんの3時代の顔を比較するかたちで鑑定しています。

長嶋一茂さんの顔相鑑定

’18年「一茂人気」沸騰は、顔相に現れていた!

1987年のプロ野球加入直後、
2008年、
2018年(今年)、
の3時代について観ています。

ぜひ、ご覧ください!

1987年から2008年の約20年で人間の顔はここまで変わるのか!
と大変興味深かったです。

逆に2008年から2018年までの10年間ではほとんど変わっていません。
加齢とともにほんの少し目が窪んで目尻が垂れたくらいで。
52歳なのに皺がない。
よほど節制、健康管理に気をつけているのがわかりました。

また2008年から2018年までの10年間で輪郭や眉だけでなく髪型も全くと言っていいほど同じでイメージを大切にしているのがよくわかりました。

ブレイクは今年ですが、10年前の2008年の時点で凄くいいお顔をされていましたね。

父・長嶋茂雄氏の顔との比較もやったんですが、誌面の関係でそれはカットに。

詳しくは本誌をお手に取ってごらんください。

その他では、

「ものまね芸人」14人「激似」のポイント、教えちゃう!

が良かったです。

ぜひ、ご覧ください。

安倍晋三さんの顔相鑑定

で、『FLASH DIAMOND(フラッシュ ダイアモンド)」には、

志位和夫日本共産党委員長「人間・安倍晋三」論!

というのもありまして、

「安倍さんは戦後最悪の総理」だそうです。

やっぱり、FLASHさんは安倍さんを叩きたいのかなぁ?

私はそこまで言ってないんですけどね。というかむしろ褒めてる。

安倍総理の「ドヤ顔」を顔相鑑定!@『FLASH(フラッシュ)』

ブログでは、バランスを取るつもりはありませんでしたが、図らずもバランスよい(どこからもクレームがこないであろう)構成となっています。

と書いていたんだけど、

この9月4日発売の『FLASH [フラッシュ]』に掲載された内容が、安倍総理の3選が決まった直後のタイミング、9/20(木) 15:00にネット版の「Smart FLASH」に配信にされたらさあ大変。

総裁3選が決まった安倍首相「顔相鑑定」したら「見識が…」 | Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ

総裁3選が決まった安倍首相「顔相鑑定」したら「見識が…」(SmartFLASH) – Yahoo!ニュース

なんというかヤフコメはフラッシュさんの狙い通りに炎上。
(というかまさかここまでとは…)

私もこういう企画に協力していてあれですけど、いろいろ淘汰されて最終的には「ネットでみんな賢くなる」ことを確信しています。

ま、よろしければこのブログも読んでください。

2018-09-22 | ブログ, 日本顔学会

「顔」に執着すると「顔」がわからなくなる。

遠山の目付

日本顔学会の新しいニューズレター67号が届きました(8月後半に)。

第50回“ 今、を感じさせるKAOの人物を紹介する”「now the face」は、9月1日(土)〜2日(日)に明治大学 中野キャンパスで開催された「第23回 日本顔学会大会(フォーラム顔学2018)」で特別講演をされたお2人。

ここ最近は2014〜2017年まで4年連続で「フォーラム顔学」に参加していたのですが(連続参加4年は自分史上過去最高)、今年は参加しませんでした。

理由としては、ここで書いているように執着をやめようというのも1つの理由です。

思えば私は「顔学会」「顔」に執着してきたのではないだろうか?

「顔」に執着しすぎると逆に「顔」がわからなくなります。

顔学会についても、ぼんやり眺めるくらいのスタンスでいこうと思っています。

剣道の「遠山の目付」ですね。

今はそういうターンです。

特別講演1:『本当のことを知っても修正できない立体錯視の不条理』

杉原厚吉 氏(明治大学特任教授)

特別講演2:『おたく文化における美少女の様式について』

森川嘉一郎 氏(明治大学 国際日本学部 准教授)

森川先生の「秋葉原のアニメ調の美少女をあしらった広告物が、日本のマンガ・アニメ・ゲームの国際的浸透にともない、フジヤマ・ゲイシャ・ウォークマンなどと並ぶ日本の貌の一つになった」というお話。聴いてみたかったなぁ。

秋葉原の思い出

秋葉原といえば、1990年代前半は完全な電気街。
だけど明るくなくて、なんか暗い闇市っぽい雰囲気を漂わせていました。
1999年3月に会社員を辞めて、その年の6月だったか秋葉原にパソコン周辺機器を探しに行った時に(普段はほとんど池袋のビッグパソコン館で買ってました。 ※まだパソコン関連商品でさえネット通販がほとんどない時代)、偶然会社員時代の先輩に遭遇した思い出があります。
その先輩は当時パソコン音痴だった私がいろいろ相談していたパソコンの師匠にあたる人で、当時は互換性がなかったMacとWindowsのファイルをなんとか変換してもらったりもしていました。

2000年前後に電気街からパソコン街になった秋葉原。

秋葉原がアニメの街、オタクの街になったのは、2005年くらいからなのかな?

「now the face(ナウ・ザ・フェイス)」に関しては近々お楽しみに!

第46回&第47回 化粧文化研究者ネットワーク研究会報告

第46回研究会「美容整形への抵抗感はどこから来るか?」

講師:松下戦具先生(大阪樟蔭女子大学 准教授)

第47回研究会「人を輝かせるメイクの力」

講師:岡元美也子先生(株式会社資生堂 トップヘアメイクアップアーティスト)

こちらは両方とも参加しました。

詳しくは「化粧文化研究者ネットワーク」ホームページのリンク先を。

第46回研究会「美容整形への抵抗感はどこから来るか?」

第47回研究会「人を輝かせるメイクの力」

「化粧文化研究者ネットワーク」研究会のブログだけでも4〜5本溜まっていると思うのですが、がんばって書きます!

美人画研究会の最近の活動報告

第13回研究会(アカデミック)

○第1部 研究発表
斎藤忍氏「オリジナリティを優先した似顔絵の描き方」
田中晃氏「田中針水―美人画家から家族画家への変容」

○第2部 美人画紹介

稲垣進一氏「月岡芳年と明治の美人画」

畑江麻里氏「美人画展で人気の作品紹介」

第14回研究会(クリエイティブ)

○第1部「美人画と似顔絵を描き比べてみよう!」
○第2部「智恵子抄の智恵子を描いて来よう!」

美人画研究会は最近ご無沙汰していますが、さらに広がった活動をされているようです。

詳しくは「美人画研究会」ホームページのリンク先を。

第13回 美人画研究会

第14回 美人画研究会

日本顔学会/HC塾共催「顔学連続講座」報告

講師:原島博先生
◎第1回 顔とは何か?
◎第2回 人は顔でどうコミュニケーションしているのか?-笑顔を中心に考える-
◎第3回 顔学、そして顔学会-何を目指すのか?-

「顔学」の基本をお話いただいたようです。

最近の私は原島先生の顔以外のお話を聴くことで「顔」「人間」「自然」「宇宙」について考えています。

7月21日(土)の【第4回京都HC塾】「宇宙はどうなっているのか?それはどのようにして誕生したのか?」でお話いただいた原島先生の「宇宙論」「素粒子論」は私にとてもいい影響を与えてくれました。

「HC塾」のブログもかなり溜まっていますが、こちらも頑張って書いていきます!

HC塾について詳しくは「原島 博 ホームページ」をご覧ください。

顔学会のウラの顔
〜学会運営に携わる委員会のご紹介〜

電子広報チーム

なんと顔学会のモナリザをモチーフとしたホームページ。
デザイン業者には依頼せず、全て電子広報チームの手作りだそうです。
本当にありがたいことです。

 

 

「広瀬アリス・すず」「浅田舞・真央」…美人姉妹エロス鑑定!@『金のEX NEXT』

9月11日(火)発売の『金のEX NEXT Vol.4』(ミリオン出版)

金のEX NEXT Vol.4
表紙:園都さん 撮影:山岸伸

今回初めての雑誌『金のEX NEXT』

どんな本かというと、表紙からもわかるように、
『週刊大衆ヴィーナス』 『EX 大衆』『CIRCUS MAX』などと同じジャンルと言っていいグラビアとエロ系とアイドルとサブカルを中心とした雑誌。

で、お得意のエロ系企画なのですが、ミリオン出版さんらしいというか、今回は切り口が変わっていて、美人姉妹タレントを比較する内容となっています。

表紙には

美人姉妹タレント
SEX鑑定団
広瀬すず・アリス/有村架純・藍里
浅田真央・舞/秋元優里・玲奈ほか

金のEX NEXT Vol.4 | 大洋グループ TAIYOH GROUP

のサイトにも同じ内容。

目次には、

本当にエロいのはどっち?
姉妹フェロモン鑑定団

とありますが、1ページ目(39P)の扉には、

「広瀬アリス・すず」「有村架純・藍里」「石田ゆり子・ひかり」「浅田舞・真央」…
本当はどっちがエロいのか…?

SISTERS

お姉ちゃん?それとも妹?

完全保存版

美人姉妹
エロス鑑定!

広瀬姉妹、有村姉妹と芸能界を美人姉妹が大活躍中だ。
妹が先にブレイクして姉がその人気に便乗してしまい揃ってブレイクというケースも。
似ているようで、キャラもボディも違うのが姉妹。
どっちがエロくて、かわいいのか?
気になるところを徹底調査した。

鑑定士:池袋絵意知

一見「ファッション誌?』と思ってしまうちょっとおしゃれなデザイン。

で、次のページの下側には、週刊誌記者やテレビ誌編集者のコメントがありますが、
残りの4ページはほぼ全部が私の顔相鑑定による姉妹のエロス鑑定となっています(肩書きは「鑑定士」と顔相がなしとなっていますが)。

今回、鑑定した美人姉妹はこちらの13組26名。

有村藍里(姉)・有村架純(妹)

広瀬アリス(姉)・広瀬すず(妹)

石田ゆり子(姉)・石田ひかり(妹)

秋元優里(姉)・秋元玲奈(妹)

水原希子(姉)・佑果(妹)

蛯原友里(姉)・英里(妹)

森泉(姉)・森星(妹)

高橋メアリージュン(姉)・ユウ(妹)

浅田舞(姉)・浅田真央(妹)

石野真子(姉)・いしのようこ(妹)

柳いろは(姉)・柳ゆり菜(妹)

三倉茉奈(姉)・三倉佳奈(妹)

スザンヌ(姉)・マーガリン(妹)

姉妹と言っても似ている姉妹もあれば、全く似ていない姉妹も。

マナカナの2人は双子でそれも一卵性双生児なのでそっくりですが、それでもよく見ると個性が違っていて面白かったです。

ぜひ、ご覧ください!!

美容整形について

私が担当した企画の前には、

欅坂46・乃木坂46「顔面変化」衝撃写真

いわゆる整形疑惑で、ミリオン出版さんはタブーにも触れるなぁと。
(欅坂と乃木坂はよくわかりませんが、ハロプロとAKBは何人か疑惑以上の人がいます)

まあでも、タブーにするのがおかしな話とも言えます。

整形した人がいるならば、堂々と「美容整形しました」と言えばいいのです。

もちろんカミングアウトしたくない人はしなくていいけど、言ってしまったほうが楽なんじゃないのかな?

美容整形によって心の傷(過去にブスと言われたりとか)から救われた人も多いでしょう。

しかし、逆に精神を壊してしまうこともあるのです。

美容整形は必ずしも本人が思う通りに100%成功するとは限りませんし、外傷ができてしまったり、違和感のある顔になってしまい、もっと深い心の傷を負ってしまうリスクもあるのです。

いずれにしろ自分には嘘をつかない顔でいてほしいものです。

 

1 2 3 4 5