toggle
ブログ
2018-05-08 | ブログ, 日本顔学会

日本顔学会の入会案内が素敵になりました!

日本顔学会の新しいニューズレター66号が届きました。

now the face

第49回“ 今、を感じさせるKAOの人物を紹介する”「now the face」は、NHK大河ドラマ『西郷どん』役の鈴木亮平さん。

濃い顔の西郷隆盛は縄文顔。

薄い顔の鈴木亮平は弥生顔。

のイメージだと思うのですが、

役作りのために体重を増やして眉を太くメイクしているそうです。

第14回若手交流会・第22日本顔学会大会若手活動報告

第14回定期交流界では、早稲田大学人間総合研究センターの菅原徹先生と株式会社MGTの加藤寿恵先生による『魅力顔を創る科学と技術』と題した講演。

特徴的な魅力顔である「笑顔」の心理、健康、印象評価などの効果についてのお話があったとのことで、みなさんいい笑顔で写真に写っていたのが印象的でした。

第54回 日本顔学会イブニングセミナー(日本顔学会/HC塾共催)

顔学講座第11回
『顔の美術史ー美術作品における顔の見方、楽しみ方」

講師:原島博先生

西洋美術史に見る顔に、5つの「セイ」に分類された原島先生。
AIについての話(「AIが顔を描くとしたら?」という質問)もあったそうです。
私も先生の『HC塾』でAIについてのテーマをリクエストしていることもあり、どんな話だったのか大変興味深いです。

どんなにAIが進化しても、人間にとって顔の大切さは変わらないし、顔を考えることが人間を考えることであり、今後もあらゆることにおいて「顔」が重要な世の中になってくると思います。

顔学会のウラの顔
(学会誌編集チーム)

今まで知らなかった学会誌編集委員会の活動内容を知ることができました。
年に4回ほどの編集委員会、大学だけでなく企業の方もいらっしゃって、土日の開催が多く、旅費も含めてボランティア…。
本当に頭が下がります。
感謝の気持ちを忘れずに学会誌を読んでいこうと思いました。

第45回 化粧文化研究者ネットワーク研究会報告

『化粧の日本史 美意識の移りかわり』

講師:山村博美先生

2016年に『化粧の日本史: 美意識の移りかわり』を吉川弘文館から上梓された山村博美先生。


著書に盛り込めなかった明治時代以降から2010年頃までの化粧文化史をお話いただいたそうです。
第二部の討議と懇親会では、「最近、化粧への拒否感を卒論のテーマとする学生が同時多発的に現れているのをどう思うか」との質問から活発な議論がなされたとのこと。

非常に興味深いですね。

いつも「日本顔学会ニューズレター」で「報告」されるイベントにはかなりの割合で参加していることが多いのですが、今回の「若手交流会」「イブニングセミナー」「化粧文化研究者ネットワーク研究会」はどれも参加ができませんでした。

こうして、「日本顔学会ニューズレター」によってその内容に触れられるのは本当にありがたいです。
日本顔学会ニューズレター編集委員会の皆様にも感謝です。

そして、もう1つ案内が!

日本顔学会の入会案内が素敵になりました!

こちらからダウンロードしていただけます。

入会案内 | 日本顔学会|JFACE

http://www.jface.jp/jp/join

これ、3月3日(土)の
原島博先生の【第3回京都HC塾】「私家版知の技法」@私家版知の技法」に参加した際、いち早くいただいていたのですが、まだブログに書けていません。

(顔関係も含めて1年以上、ブログが溜まっている…)

がんばって書きまーす!
(堀口恭司風に)

2018-04-30 | ブログ, 占い

日本の有名占い師大集合!「日本最強占卜APP登場!」@香港

こんばんは。

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか。

私は仕事で籠っていますが(5月後半リリースの企画)、
4年前のゴールデンウィークは台湾に行っておりました。

台湾旅行記(1)士林夜市

台湾旅行記(2)誠品書店→故宮→生猛海鮮100專門店「馬林漁」

台湾旅行記(3)台北101

台湾旅行記(4)台湾整形事情

それで思い出したんですが、
2年前に私が監修の占いコンテンツの台湾版がリリース

それに続いて昨年は、
「日本知名大師聚集的占卜館」という香港の占い総合アプリで私のコンテンツの提供が始まっていたのでした。
(告知するのを忘れてました)

ジャン!こちらになります!

日本知名大師聚集的占卜館

 

「日本最強占卜APP登場!」
讓日本大師來徹底解決你的煩惱!

-何時能結婚?
-跟暗戀對象結緣的可能性?
-事業會成功嗎?
-有可能發大財嗎?
……等等
陸續會增加各種鑑定項目!

由日本著名的實力派大師們帶來的正統鑑定。



1番下に私もいます。

日本知名大師聚集的占卜館

■iPhone/App Store

■Android/Google Play

香港にお知り合いがいらっしゃる方は、宣伝よろしくお願いします!

香港の人はやってみて!!!
(香港はこの時期、ゴールデンウィークじゃないですね)

そういえばアンジュルムがフランスParis公演に続いて、韓国、香港、台北のアジアツアーを行いますね!

アンジュルム 「アジアツアー」開催決定!!!

私もどんどんアジアで活動していきたいです!
いつかアジアツアーやるぞ!!!

 

【大阪から池袋絵意知です!(36)】「梅田ダンジョン」

隔月で連載している『月刊てりとりぃ』の【大阪から池袋絵意知です!】

第36回は「梅田ダンジョン」

前回の「石切参道商店街」が終わった段階で書くのはあと2回。

ラストのテーマは前から決まってるんだけど、その前をどうするか?

天下茶屋のすき焼き店「なべや」、農業公園遊園地・緑の自然ミュージアム「ハーベストの丘」、馬場章夫さんお勧めの「大阪市立自然史博物館」の3つが候補でどれにするか悩んでいたけど「梅田ダンジョン」にしました!

3月14日にヌー茶屋町から梅田HEPに行き、その後、渡辺橋のフェスティバルホールに行こうと梅田地下街を北から南まで歩いてみて、さすがにこれは書かなきゃと。


写真は右側にギリギリ写っているのが朝日新聞大阪本社も入っているフェスティバルタワー。

ここは京阪電鉄の渡辺橋駅なんですが、梅田ダンジョンはほぼここまであるのです!

今も拡大を続ける新宿も地下街、地下通路とほとんど歩いていて新宿も凄いのを知ってるけど、梅田のこれは世界的に見ても面白いし新宿と比較して考察してみたいと思いました。
ゲームのステージが変わるようにいきなり周りの風景がガラリと変わったり。

スマホのGoogleマップで便利になった世の中だけど地下だから道が表示されないし。
あまりにも広く、あまりにも複雑な梅田ダンジョンを約1000文字のコラム(今回は1100文字)で書くのもチャレンジでした。

コラム内にある具体的な地名は、JR大阪駅、阪急梅田駅、阪神梅田駅、地下鉄御堂筋線梅田駅、地下鉄谷町線東梅田駅、地下鉄四つ橋線西梅田駅、JR北新地駅、ホワイティうめだ、ディアモール大阪、大阪駅前第1ビル〜第4ビル、阪急三番街、ドーチカ(ドージマ地下センター)で、ヨドバシ梅田やグランフロント大阪は入れることができませんでした。

そして、梅田ダンジョン名物「泉の広場」についても触れられなかったんですが、3日前にこんな記事が。

「泉の広場」噴水、3代目で幕…地下街改修で:読売新聞
こちらも皆さんいろんな思い出があると思うのですが(私は迷っているうちにたまたま着いただけですが)、諸行無常ですね。

この文字数(1100文字)で表現できる最大級の梅田ダンジョンコラムになっていると思います。

ぜひ、ご覧ください!!

「月刊てりとりぃ」第98号(2018年4月号)は4月28日より配布を開始しております。

「月刊てりとりぃ」の【配布場所】は週刊てりとりぃ右サイドの【「月刊てりとりぃ」配布場所】をご覧ください!

今月号の個人的な注目記事は、

古書とスイーツの日々[81]『男がひとりでいた理由の巻』(鈴木啓之=アーカイヴァー)

生涯独身を貫いた夏木陽介さんのお話。
生前は『男がひとりでいる理由』というご著書も書かれたいたそう。
いろんな生き方、いろんな人生があるものだと考えさせられました。

『春にしてあれこれ想う』(加藤紀子=タレント)

出だしは近所の騒音問題をちょっとおしゃれな表現で。
ちょうど騒音があったタイミングでこのコラムを読むことに。
工事のタイミングばかりはどうしようもありませんね。
山奥に住む以外は。
私は静かを最優先しますが、交通の便も重要です。

長崎学のススメ(三十七)『<11時02分>NAGASAKI』(高浪高彰=長崎雑貨たてまつる店主)

原爆をテーマにした写真集『<11時02分>NAGASAKI』(写真家・東松照明さん撮影)の話。
写真家・土門拳さんによる写真集『ヒロシマ』が「動的」なのに対し、『<11時02分>NAGASAKI』は「静的」だそうです。
日本人として両方を見て比べてみたいです。

追悼——大森昭男さん

今年3月に亡くなられたCM音楽プロデューサー大森昭男さんの追悼文を、編集長を入れて5人の方が。

主なプロデュースしたCM楽曲を見て

資生堂アクエア 1978年 矢沢永吉『時間よ止まれ』(作詞:山川啓介、作曲:矢沢永吉)
資生堂サイモンピュア 1978年 南こうせつ『夢一夜』(作詞:阿木燿子、作曲:南こうせつ)
資生堂ベネフィーク 1979年 堀内孝雄『君の瞳は10000ボルト』(作詞:谷村新司、作曲:堀内孝雄)

この今でも耳に残っている資生堂さんのCMが大森昭男さんプロデュースと知り驚きました。

また、そのあとには、ライバル化粧品会社のこちらのCMを。

カネボウ化粧品 1981年 矢野顕子『春咲小紅』(作詞:糸井重里、作曲:矢野顕子)

この曲もすっごく覚えています。

その次の

LAについて(86)ワシントンDCの桜(村井邦彦=作曲家)

ワシントンの桜祭りが今年で106回目というお話からスタート。
「音楽家は旅をする」という一文。
そこから「音楽は旅をする」「音楽も旅をする」と思いました。

大森昭男さんがプロデュースしたCM楽曲もそれを聴くたびに時空を超えて旅をするのでしょう。

 

2018年はコレで金運をつかむ!「幸運顔」の作り方

All Aboutマネー [これでお金持ち!金運アップする方法]

第3回『2018年はコレで金運をつかむ!「幸運顔」の作り方』がアップされました。

「顔を見ればその人が分かる」とは、観相家、顔研究家、顔面評論家の池袋絵意知さん。顔のパーツや特徴から、性格の傾向や運勢までズバリ見抜くことができるといいます。そんな池袋さんに、「金運のよい相・悪い相」の特徴から、「2018年の幸運顔」、「運勢アップの顔作りの方法」まで伺いました。全4回でお送ります。(第2回『2018年に金運アップする「ラッキーフェイス」とは?』から続きます)

――前回、2018年のラッキーフェイスについて伺いました。そのなかで、金運アップにつながるポイントはありますか?

ということで第3回は、金運アップにつながる表情についてです。

というように、「顔のなかに〇ができる」のをポイントとしてお話しているのですが、

その逆で「顔のなかに×ができる」例として、昨年の週刊朝日「山藤章二の似顔絵塾」関西塾生による似顔絵展「笑像画展2017」@なんばパークスでの豊田真由子元議員の似顔絵(ほうらいたけしさん作)についてお話したところ

All Aboutの記事内でも紹介していただけました。

そのことを、ほうらいたけしさんにお伝えしたところ、「笑像画展2017」に出展された作品の元画像を送ってくれました。

どうですか?!

似顔絵って本当に面白いです!

 

All About(オールアバウト)マネー [これでお金持ち!金運アップする方法] 

2018年はコレで金運をつかむ!「幸運顔」の作り方

ぜひ、ご覧ください!!

 

2018-04-22 | ブログ, 文化

4月23日はサン・ジョルディの日(世界 本の日)です。

明日、4月23日は(世界 本の日)です!

—日本書店商業組合連合会HPより—

「サン・ジョルディの日」の由来

「サン・ジョルディの日」の由来は、スペイン・カタルーニャ地方のサン・ジョルディ伝説をもとにしており、悪獣のいけにえに差し出された王女を救った伝説の騎士、サン・ジョルディを愛の守護聖人としてたたえています。4月23日は彼が殉教した日で、いつしかこの日に本と花を贈りあって、愛する気持ちを伝え合うようになりました。また、この日は文豪として名高いセルヴァンテスとシェークスピアの命日でもあり、本との結びつきを強めております。日本でも4月23日に本を贈るという知的でロマンチックな習慣は、現在、静かなブームになっています。

「世界 本の日」

「世界 本の日」は、1995年11月、パリで開催されたユネスコ総会において、毎年4月23日を、「世界 本の日」とする宣言文が採択されたことによるもので、本の良さを再認識し、親近感を育むことを目的としています。また、この日は、従来「サン・ジョルディの日」としても親しまれており、愛と知性の文化運動として、日本でも23年にわたってPR活動が続けられています。
——

4月23日のサン・ジョルディの日(世界 本の日)には、
日ごろお世話になっている大切な人に本を贈りましょう!!

サン・ジョルディの日(世界 本の日)に合わせて
2018年4月20日(金)〜4月30日(月)の期間中「書店くじ」実施店で、書籍・雑誌を500円以上お買い上げの方に「書店くじ」がもらえます。

 

『池袋絵意知さんが提言!2018年の幸運顔はこんな顔』@All Aboutマネー

All Aboutマネー [これでお金持ち!金運アップする方法]

第2回『池袋絵意知さんが提言!2018年の幸運顔はこんな顔』がアップされました。

2018年に金運アップする「ラッキーフェイス」とは?

「顔を見ればその人が分かる」とは、観相家、顔研究家、顔面評論家の池袋絵意知さん。顔のパーツや特徴から、性格の傾向や運勢までズバリ見抜くことができるといいます。そんな池袋さんに、「金運のよい相・悪い相」の特徴から、「2018年の幸運顔」、「運勢アップの顔作りの方法」まで伺いました。全4回でお送ります。(第1回『お金持ちになれる顔・お金に縁遠い顔の特徴とは?』から続きます)

――池袋さんは、毎年、その年の「幸運の相」を発表されていらっしゃるとか。2018年のラッキーフェイスは、どんな顔になるのでしょうか?

ということで第2回は、今年2018年のラッキーフェイスについてです。

昨年11月28日の“毎年恒例の「来年の顔を決める」清水寺”でのインスピレーション。

今年は年始(昨年も含めて年末年始)に発表する機会がなく、春、4月にようやく公開です!

All About(オールアバウト)マネー [これでお金持ち!金運アップする方法] 

金運が良い「ラッキーフェイス」は、どんな顔?

ぜひ、ご覧ください!

こちらの記事も併せてご覧ください。2018年のヒントはここにあります!

京都・祇園四条の創業150年を超える老舗の鰻屋「かね正」感動の“きんし丼” 〜108分のストーリー〜

1 2 3 4 5