toggle
ブログ

『脱○○顔』をつくる、愛されヘア&メイク@ホットペッパービューティー

3月30日(金)発行のフリーマガジン『HOT PEPPER』4月号※全国49版


表紙:八木莉可子さん

及び
『HOT PEPPER Beauty』4月号※東京23区<銀座・新橋・上野版><新宿・高田馬場版><池袋・目白版><渋谷・恵比寿・原宿・表参道・六本木・自由が丘版><新宿・高田馬場・中野・下北沢版>

表紙:八木莉可子さん(東京23区での発行なのにメインの特集が「新・かわいい京都」です)

 

私は、

顔タイプ別になりたい印象を叶える!
『脱○○顔』をつくる、愛されヘア&メイク♥

で監修をしています。

ヘアスタイルやメイクで印象も気分も変え、心機一転したい春、到来! 今回は顔相学に基づいた4つの顔タイプ別に、なりたい印象に近づくためのコツをご紹介。自分の顔立ちを意識しながらヘアやメイクを一新して、誰からも愛される好印象女子を目指しましょ♪

ということで、

好印象な愛され顔とは?

そして、

実際より年上に見られちゃう…
可愛げ好印象になりたい「老け顔」さん

子どもっぽく見られちゃう
大人っぽい好印象になりたい「幼な顔」さん

キツく見られちゃう
優しげ好印象になりたい「派手顔」さん

大人しそうに見られちゃう
華やかな印象になりたい「地味顔」さん

の顔タイプ別に好印象になれるヘアスタイルとメイクのポイントを解説。

「顔相学に基づいた」となっていますが、「日本顔学会」や「化粧文化研究者ネットワーク」での美容関係の先生方の研究発表も参考にしているので、我ながらいい提案ができたと思っています。

いろんなところに置いてますので、手に取ってご覧ください!!

最新号を手に入れたい方はこちらを!

HOT PEPPER 最新号│ Hot Pepper ホットペッパー フリーマガジン

HOT PEPPER Beauty 最新号│ Hot Pepper ホットペッパー フリーマガジン

パソコン、スマホからもご覧いただけます。

HOT PEPPER Beauty 2018年04月号

PC版

スマホ版

久しぶりにリクルートの仕事。

たぶん『あるじゃん』での連載以来かな?

にしても「リクルートホールディングス」が持株会社になり、事業部が分社化して「リクルートライフスタイル」とかいろいろ変わりました。

私が昔いたところは現在「リクルートキャリア」になるようです。

「ホットペッパー」は私がリクルートグループを辞めてからの事業なので、あまり詳しくありません。

リクルート販売部時代の同僚が、2002〜3年頃だったか、「ホットペッパー」松山版が発行になる時に編集長をしていた記憶があります。

久しぶりにリクルートの情報誌を手に取り、台割の感じとか、紙の薄さとか懐かしく思いました(昔でいうと『ビーイング』『とらばーゆ』より『フロムエー』の紙質に近いですね。

各ヘアサロンが競って美しいモデルの美しい写真を使った広告を掲載しているのですが、どうしても裏側の印刷面が透けてしまってもったいなかったです。

私が個人的に気に入ったモデルの女性はこちら。


どのヘアサロンのモデルか探してみて!
『HOT PEPPER Beauty』に掲載の東京の美容院です

2018-04-01 | お知らせ, ブログ

ホームページリニューアル!公式サイトの歴史とデザインについて。

ようやくホームページをリニューアルしました。

2008年には作っていたロゴマークを、10年後の2018年にようやく公開!

Hの中にIが入っているマーク。

池袋絵意知のイニシャル(HとI)を組み合わせたものです。

私の名前、

ローマ字表記は、

EICHI IKEBUKUROでも

IKEBUKURO EICHIでもなくありません。

最初に活動を開始した時は、

IkebukuroH

でした。

だから、ドメイン名が

ikebukuroh.com

なんですね。

1999年冬に路上で観相占い修行、同時にホームページを公開した時は「IkebukuroH」

漢字の「池袋絵意知」を併記したのが2000年から。
(1999年から2000年頃はまだホームページを開設している企業すら少なかった)。

これが、2000年3月頃から2001年3月頃までのロゴマーク

※1999年12月から200o年3月頃までは下の「池袋絵意知」が「観相・占い」だった。

2000年夏にザッパラスさんから(その時はサイバービズだった)iモード公式サイト「究極の顔占い」(「似顔絵占いFAO」)の監修の依頼がありました。

その後、ザッパラスがNTTドコモに提出した企画書には、監修者プロフィールが漢字の「池袋絵意知」だったこともあり、2001年4月の「究極の顔占い」サービス開始時に私のホームページもリニューアルし、「池袋絵意知」のみに統一したのです。

当時まだ日本に入ってきたばかりだった「スターバックスコーヒー」のロゴマーク、オランダのビール「ハイネケン」のロゴマークを参考にしていて、中央にはフクロウのイラストが入っています。

(「ふくろう流観相学」とつけたのは2001年からだけど、1999年からフクロウがイメージだったんですね)

 

2001年4月から2005年9月頃はこのビジュアル


(2代目デザイン)

 

そして、2005年10月頃からこのビジュアルに。

 


(3代目デザイン)

 

上の3代目から12年半後にようやくリニューアルしたのがこちら(4代目)。

モバイル対応が遅れいる間に、世の中はモバイルファーストからスマホファーストに。

スマホで見た時に見やすく作っています。

Hの中にIが入っているマーク。

神社の鳥居のようなイメージでもあり、教会の十字架のようなイメージでもあります。

H(絵意知)の中にI(愛)が入っている。

 

今日はここまでで。

サイト全体のデザインについてはまた書きます!

イメージ写真にはどんな意味があるのか?
デザイン上での私のこだわりは?

 

 

1 2 3