toggle
ブログ

安倍総理の「ドヤ顔」を顔相鑑定!@『FLASH(フラッシュ)』

昨日、9月4日発売のFLASH [フラッシュ](光文社)

『FLASH(フラッシュ)』通巻1483号
2018年9月18日号
表紙モデル:サイバージャパンダンサーズ

久しぶりのFLASH(フラッシュ)』さんでノンエロ企画。

今回私は、

自民党総裁選「圧勝」でも混淆よし悪しの結果が……
安倍総理の「ドヤ顔」を顔相鑑定!

のグラビア見開き2ページ(66〜67P)で安倍晋三総理の顔相鑑定を担当しました。

今回の企画、8月29日(水)の夕方に連絡があり、8月30日(木)に取材を受け、8月31日(金)に原稿チェックして9月4日(火)に発売という昔じゃ考えられなかったスーパースピード。

今回、取材による「総理は最近、とてもイライラしている」という自民党関係者の声からこの企画になったようです。

そこで、直近の会食後(8月28日、産經新聞社撮影)の写真から、心境や今後の総裁選を占うというものでした。

「1枚の写真から」となると一瞬の静止画マジックで悪い顔に写ったりするのですが、今回の写真は上目遣いな感じになっている以外は顔の色艶等とてもいいお顔でした(目の周りの黒ずみについてコメントした部分はカット)。

右側の66ページに安倍総理の大きな写真があり、
額→ 
皺→ 
眉→ 
鼻→ 
ほうれい線→ 
についての説明。

※ほかは文中で!

で、67ページに詳しい鑑定結果があります。

自民党関係者が言う「イライラしている」というのは写真からは読み取れず、逆に余裕(ゆとり)があるお顔でしたのでそのままお伝えしました。

それもあって本来は「イライラ顔」とする予定が「ドヤ顔」というタイトルに変更になったのかもしれません。

なんでもアベのせいの「アベガー」(真っ当な安倍政権批判とは別の)からはいろいろ言われていますが、「第1次安倍晋三政権のころと比べると顔相はよくなっていました。」

※9月20日の自民党総裁選で一騎打ちとなった石破茂元幹事長よりは全然いいです。

取材時にも話しませんでしたが、髪型を「お父さんの故安倍晋太郎さんのようにオールバックにした」のも正解です。

リードに「混淆よし悪しの結果が」とあるように、「まずは悪しから。」「一方、良しは?」そして、最後は『FLASH(フラッシュ)』さんらしく締めてくれました。

バランスを取るつもりはありませんでしたが、図らずもバランスよい(どこからもクレームがこないであろう)構成となっています。(それも「よいのか悪いのか?」ですが、基本ガチの試合はこうなります。プロレスごっこと違って。)
※それでも脊椎反射的にマスコミ批判、顔相をオカルト扱いする「安倍狂信者」(「ネトウヨ」とは別のカテゴリにすべき)も見ましたが。

ま、よろしければこのブログも読んでください。

顔学と観相学

いちおう「顔学」もやっている人間からすると昔の「観相学」をまんま当てはめて言うことは危険なことであると重々承知しているので、今回の鑑定は昔の「観相学」を使っているのは5割くらいです。

サイバージャパンダンサーズ

ところで、表紙のサイバージャパンダンサーズ(CYBERJAPAN DANCERS)
ようやく売れてきましたね!

2年前に『smart(スマート)』11月号(宝島社)で欅坂46 平手友梨奈さんの顔相鑑定をした時に知ってブログでも紹介し、知り合いの音楽関係者にも伝えていたので嬉しいです!

スマホ、タブレットでも見れる「デジタル版」のご購入はこちらのリンクから。

FLASH最新号紹介 | Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ

ぜひ、ご覧ください!

LGBT問題、勝間和代氏同性愛、杉田水脈氏の顔@『AERA』の観相学

5月に公開となった【診断】顔でわかる性格診断クイズ | LGBT向けネットメディア「GENXY」の告知に合わせてLGBT関連のブログを書こうと思っていたところ、世の中ではいろいろありましてこのタイミングになりました。

【診断】顔でわかる性格診断クイズ | LGBT向けネットメディア「GENXY」

告知用のブログでは公開の翌日にご案内しておりますが、5月24日(木)にLGBT向けネットメディア「GENXY」で私が監修の【診断】顔でわかる性格診断クイズ が公開になりました。

昨年の、
男の性格は『顔』に出る!? 顔で分かる性格診断@LGBT向けネットメディア「GENXY」

が大変好評で、昨年はパーツごととの診断と顔タイプ別・恋愛攻略法だったのですが、今年は『顔診断クイズ』です。

選択式のテスト形式で、自分の顔について10の設問に答えると自動で自分のタイプと鑑定結果が表示されるようになっています!(全16タイプでイラストつき)

昨年同様、「GROOM & GROOVE なりたい自分になろう パナソニックのメンズグルーミングで」Panasonicとのタイアップ企画です。

「GENXY」はLGBT向けネットメディアで、読者は主にゲイの人ですが、内容は「性格診断」となっていて、昨年ほどセックスネタもありませんしゲイ向けに構成したものでもありません。

汎用性の高い内容になっているので、ノンケの男性にもぜひやってほしいですし、女性でも友人や彼氏、旦那、会社の上司などを診断するのに使ったりもできると思います。

過去に雑誌『FRaU(フラウ)』で
池袋絵意知監修・顔相セックス相性診断
顔に描いてある、あなたのセックス

という企画をやった時は、ずっと「人気記事1位」をキープしていましたが、今回も人気記事になること間違いなしです!(セックスネタは無いに等しいけど)

なんてことを、告知用のブログには書いておりました。

私オリジナルの16タイプ別性格判定テストを用いたものでは、『顔面仕事術』(ソフトバンクパブリッシング)が仕事を中心としたもの(主に男性)、『最強モテ顔講座』(オークラ出版)が性格に加えて恋愛結婚傾向や金運、仕事運、健康運について幅広く、ケータイサイト『顔面恋愛術・顔面仕事術』(エヌ・アイ・ラボ)も同様、『FRaU(フラウ)』はかなりセックスに特化した内容でした。

今回の『GENXY』の「顔でわかる性格診断クイズ」は、恋愛セックスの割合は少なく、性格が中心ですので、男が好きな男も女が好きな男も男が好きな女も女が好きな女も、ぜひ、楽しんでみてください。

【診断】顔でわかる性格診断クイズ

LGBT当事者向けの総合情報サイトの株式会社GENXY

このサイトを運営している株式会社GENXYという会社の会社概要を見ると、

株式会社GENXY
代表取締役社長:伊藤萌美
取締役:家入一真
取締役:上地牧人
https://www.genxy-official.com/

とあります。

代表の伊藤萌美さんのインタビュー記事を読むと「編集部では私だけストレートなんですよ。」と。

「社会がLGBTを理解し始めたからこそ、ちぐはぐなことも起きている」——LGBT向けメディア「GENXY」代表取締役 伊藤萌美 #ミレニアルズ解剖

取締役の家入一真さんはネット界、経済界では有名人ですよね。
政治団体「インターネッ党」
GMOペパボ創業者
アントレプレナー
株式会社CAMPFIRE 代表取締役
イエイリブログ | KAZUMA IEIRI

上地牧人さんはLGBT向けのライフスタイルメディア「GENXY」の編集長です。

伊藤萌美さんのインタビュー記事内で

ゲイ&レズビアン&バイは”誰を好きになるか”という性的指向であり、トランスジェンダーは性自認なので、「流行ってるからヤる、飽きたからヤメた」といったトレンドではありません。

とあるように、GLBとTはわけて考えたほうがよさそうです。

このブログのタイトルには LGBT問題 としていますが、トランスジェンダーはLGBTという括りから外して考えるべきかなと。

トランスジェンダーとバイセクシャルとでは180度違う、いや、ケースや考え方によってはお互いの中にお互いが含まれる?などと複雑な問題ではありますが。

LGBT、LGB&Tはとてもデリケートなテーマですのでしっかり整理してから書こうと思っていたところ、今度は5月28日にこんなニュースが。

勝間和代さん同性愛公表

勝間和代さん同性愛公表に祝福と称賛コメント相次ぐ – 芸能 : 日刊スポーツ

勝間和代さんについては過去に男性と結婚もしていてとか、このニュースを知った時にどうも違和感を覚えました。

本当は女性が好きなのに世間体を考えて男性と結婚してというケースや、同性愛者であることをカムフラージュするためにレズなのに男と結婚、ゲイなのに女と結婚という話はたまに耳にします。

また、勝間和代さんご自身の性的嗜好が変わったという可能性も考えられます。
(レズになったのではなく、もともとは男性が好きだったのにバイセクシャルに?)

で、日刊スポーツによると、

お相手でLGBTに関する情報を発信する「トロワ・クルール」社代表の増原裕子さん

とあって、「GENXY」以外にもLGBT情報メディアが?

と思いましたが、「GENXY」のような独自メディアではなく、雑誌、テレビ、ネットメディアなどを通してLGBTに関する情報を発信している会社だとわかりました。

株式会社トロワ・クルール

さらに見てみると、
株式会社トロワ・クルール | 私たちについて

東 小雪 + 増原 裕子として

2012年、LGBTコミュニティと社会との架け橋を築き、多様性あふれる社会の実現に寄与したとして「Tokyo SuperStar Awards」コミュニティ賞を受賞。2013年3月、東京ディズニーシーで初の同性結婚式を挙げ国内外で話題に。2015年、渋谷区パートナーシップ証明書交付第1号。(2017年12月に離婚。)

あっ!、この「初の同性結婚式、渋谷区パートナーシップ証明書交付」のニュースはよく見てたので、あの時の人がその後、離婚して勝間和代さんと交際していると。

いろいろ複雑ですね。

簡単にコメントできません(笑)

ということでまだブログに書けていませんでした。

このテーマ、何か言えば悪いように解釈されて差別主義者みたいに扱われるのでみんなコメントできないですよね。

誰かがカミングアウトした時に「素敵!かっこいい!」と賞賛コメントだけはするテレビ芸人みたいな人を除いて…。

仮にコメントを出したとしても、叩き以外では「触らぬ神に祟りなし」で共感も反対もなく無視してそれを話題にすることさえありません。

 

ゲイにモテそう

それから1ヶ月後の6月30日(水)

資生堂 汐留ビルでの「化粧文化研究者ネットワーク 第47回研究会」からの、御茶ノ水に移動して化粧文化と同時刻に開催されていた【「月刊てりとりぃ」同人によるポップス講座 シリーズ「エキスポ・ジェネレーション」#3 泉 麻人、鈴木啓之「バスと歌謡曲について語ろう」】の懇親会のみに参加。

隣の女性編集者に「ゲイにモテそう」と言われ自己紹介で「LGBT」向けサイトでこんなのやってますと見てみたら週間ランキング1位だった!
掲載から1カ月以上過ぎていて。
http://genxy-net.com/post_theme04/quiz_face/

と反射的にFacebookに投稿していたんですが、下にある2位の記事が「ゲイのための『正しいアナルセックス・ガイド』」でなかなか強烈なのを後から知りました(笑)

ショルダーのコピーにこうありますもんね。

日本最大級のゲイ向け情報サイトGENXY(ジェンクシー)。エンタメ、ライフスタイル、最新LGBTニュースを配信

『顔診断クイズ』公開から3ヶ月以上が過ぎ、
さすがに現在はランキング上位から外れていました。

その後もこのブログをまとめることができず。

杉田水脈衆院議員のLGBT「生産性がない」問題

8月16日のブログ、仏教(釈迦の教え)とお盆と終戦記念日
でも書いているように、「安穏」に心を平静に保つため、世間の争いに目を向けないようにしておりました。

なので、

7月18日発売の月刊誌『新潮45』(新潮社)に自民党の杉田水脈衆院議員が寄稿し、セクシャル・マイノリティの人たちについて「生産性がない」などという考えを示した件も、なんとなくまた反自民党の人が騒いでるなぁという印象で詳しくは読みませんでした。

今日、その全文を読んでみましたが、概ね真っ当なことを述べていていると思いました。
※杉田さんの寄稿内にも「LGBとTを一緒にするな」とありましたね。この部分は凄く共感します。

今回炎上になったのは、

つまり「生産性」がないのです。

って部分だけを切り取られて差別屋みたいなのから批判されたのだと。
※「生産性」って表現には確かに問題があるとは思いますが。

彼女が言いたかったのはその次のマスコミの姿勢についてだと思います。

「杉田水脈衆院議員の顔は『幸せに縁がない』? 観相学で見てみたら…」

で、

7月27日に朝日新聞出版のニュース週刊誌『AERA(アエラ)』のウェブ版『AERA dot.』で配信された「杉田水脈衆院議員の顔は『幸せに縁がない』? 観相学で見てみたら…」の記事。そしてそれが炎上し、その後、 AERA編集部が削除したうえで「内容が不適切」だとして公式サイト上で謝罪した件も8月に入ってから知りました。

まあでも、これについて考えることはしたくなかったのです。

「安穏」に心を平静に保ちたいので。

とはいえ私もそろそろ俗世間に戻ってきて社会復帰をせねばならぬと「状況の把握はしておかなければ」とその削除された記事を読んでみることに。

杉田氏の顔を観相学で鑑定したのは、藤木相元先生のお弟子さんで、先生のあとを継ぎ「嘉祥流観相学会」の代表を務めている岡井浄幸さん。

まず冒頭の

「幸せに縁のない」お顔

っていうのが強烈ですね。

全文を読んでみて、

(構成/ライター・浅野裕見子)という人が鑑定内容を切り取って(場合によっては取材時に誘導してコメントを引き出し)、観相学を利用して(観相家の言葉を借りて)杉田議員を叩くための内容だとすぐにわかりました。

経験上、新聞及び新聞系の雑誌は、他の雑誌と比べて取材記事の内容が、“自分達が主張したい部分だけ切り取る傾向が強い”と感じておりましたし、新聞でよくコメントされる文化人の方も同じようにおっしゃっていました。

また、新聞は原稿チェック(コメントチェック)をさせてくれないのが通例でして。
(この件は時がくればいくつか話そうとは思っています)

※私の場合は『AERA STYLE MAGAZINE (アエラスタイルマガジン)』、『AERA(アエラ)』、『週刊朝日』と朝日新聞系の雑誌でも今まですべてコメント部分の原稿チェックをさせてもらいまし、内容も偏りなく構成してくれていました(担当ライターさん、記者さんに恵まれていることに感謝します)。

今回の『AERA』杉田水脈氏の件は、おそらく、岡井さんがライターに誘導されてコメントした部分をさらに都合よく切り抜いて掲載されてしまったと予測します。

昨年6月に『週刊ポスト』(小学館)の【顔相学で見る「夫が不倫に走りたくなる妻の顔」】というページで取材を受けコメントをしました。

ブログには、

仲間由紀恵、高島礼子、南果歩、藤原紀香も?!
【顔相学で見る「夫が不倫に走りたくなる妻の顔」】
といういかにも『週刊ポスト』の読者を意識した企画ではあるのですが、昨年の一件以来のもろもろもあり、ご配慮いただいたようで、私のコメントは“不倫されやすい女=不倫に寛容な女ではない”、夫の不貞が発覚した場合に「決して許さない」という女性のタイプのみとなっております。

と濁して書きましたが、取材の段階からある意図を感じる誘導的なものだったのでそれに乗らないように注意しました。
原稿チェックでも私が全く発言していない部分あったり(顔相的にはあらゆる流派で矛盾)と困惑しましたね。

これはあくまでも予想ですが、私への取材内容だと彼らの意図する記事にならない(池袋絵意知はこちらが書きたいコメントをしてくれない)となって、岡井浄幸さんにも取材となったのではないでしょうか。

ウェブ版の『NEWSポストセブン』では、

仲間由紀恵は典型? 「不倫されやすい妻の顔相」とは

と、仲間由紀恵さんに焦点を当てて「不倫されやすい妻の顔相」としていて、当初の予想通りこの内容を書くために「顔相学」を利用したのだろうと思います。

この時も岡井さんは人が好くて、サービス精神からライターが求めることを話し、それをまとめられてしまったのではないでしょうか?

よくあることとはいえ、岡井浄幸さんにはお気の毒としか言いようがありません。

今回の件に限らずこういうマスコミから仕事をもらっている人は、マスコミ(朝日新聞や『AERA』ならそこに)に忖度して当たり前ですからね。

同業者として明日は我が身というか、かなり自衛しているつもりでもいつ自分の身に火の粉が降り掛かってくるかわかりません。

ですので、私自身メディアの仕事はかなり神経質になっています。

テレビは過去の件もあり現状すべて出演をお断りしていますが、こういうのがあるので雑誌でのコメントも非常に慎重になっており、それもあって最近は雑誌でのコメントも減っています。
(先週、先々週の『週刊ゴルフダイジェスト』に続いて今週、来週と雑誌での鑑定が続きますが)

右か左かの二元的にしか考えられない人

なかでも明日発売の雑誌では、良い悪いのバランスはとっているものの全体的に悪い印象になるような構成でして(見出しだけ見ると悪口だと思われるような)。

なのでネトウヨに脊椎反射で叩かれる可能性も少なからずありそうです。

ネトウヨと呼ばれる人にもいろんな人がいまして、私なんかも神社ばかり行っていて日頃の言動からもネトウヨ扱いされて当たり前の人間なんですが、右か左かの二元的にしか考えられない人がやたら多くなった世の中ですから。

自分にとって都合の悪いことは「アベ、アベ、アベ、アベのせい」「アベ政治を許さない」軍団がいるかと思えば、安倍晋三総理を妄信的に神のごとく崇める狂信者も多いです(反日マスコミと戦う国士だということで)。

ますます「ネットはバカと暇人のもの」になっている印象を受けます。
※中川淳一郎さんの著書のタイトルはネットではなく『ウェブはバカと暇人のもの」(光文社新書)でしたね。

とはいえ、最終的に「ネットでみんな賢くなる」ことを確信しています。

 

右か左かの二元的にしか考えられない人

もしくは、

事なかれ主義の日本人らしい選択の人

この2つが主流の現代日本ですが、このどちらでもいけないわけです。

平和な社会に

そのためにも、言論統制のない社会にしなければなりませんし、偏向報道のないマスコミにしなければなりません。テレビ・新聞のマスメディアを見直して彼らを経済的な活動の外に置く必要があると思います(今よりは電波オークションしたほうがいいですけどね)。極論を言うと「人類の未来はマスコミを無くすこと」です。

私が普段から言っている「男女の差異」や「男性的、女性的」といった表現も、なんでも差別差別と差別屋からの批判に利用されかねないですから。

今の日本はアメリカ文化の影響による女性の男性化もあれば、アメリカ的な男女平等、人種差別撤廃とも違う、変な状況。日本の村社会的なものが悪く作用しているような。

差別屋の活動を見ていると、いろんなマイノリティが逆に生きにくくなる状況を作ってるとしか思えません。

どうか「安穏」に。

炎上芸人になって名前が売れて喜ぶ人もおりますが、私は「安穏」に生活したいので、今後もそれを主眼において活動していきます。

もしも炎上させたけらば2年前にもっと派手にやっています。

どうか「安穏」に。

平和な社会、平和な国を築いていきましょう。

最後にLGBT向けネットメディア「GENXY」に「杉田水脈衆院議員の発言」に関する記事があるか探してみたところありませんでした。

さすが、「GENXY」さんは差別屋と違いますね。

「GENXY」さんがLGBTについて真摯に信念をもって取り組んでいるように、私も顔について真摯に信念をもって取り組んでまいります。

初優勝の大里桃子「顔」から見る強運度は……@『週刊ゴルフダイジェスト』

8月28日(火)発売の『週刊ゴルフダイジェスト』(ゴルフダイジェスト社)

9月11日号 2018 No.34
表紙は木戸愛選手

先週の畑岡奈紗や新垣比菜の「黄金世代女子プロ顔相診断」と同じ”黄金世代”ながら、編集部痛恨の診断メンバー落ち。

ということで、

初優勝、大里桃子の顔相を緊急チェック!

バックナインのページ(150P)の半分を使って詳しく顔相鑑定しています。

ちなみに「桃子」の名前は父親が「プロゴルファーの妻になってくれたら」という願いを込め、菊池桃子にちなんでつけたとか…。

いやいや、プロゴルファー向きのお顔ですし、いい奥さんになるお顔でもあります。
将来的には男子プロゴルファーと結婚して、プロゴルファー夫婦誕生!も!

大里桃子選手の今後の活躍が楽しみです!

 

ルーキー女子の顔相診断・ニッポンの名水@『週刊ゴルフダイジェスト』

8月20日(月)発売の『週刊ゴルフダイジェスト』(ゴルフダイジェスト社)

9月4日号 2018 No.33
表紙は松山英樹選手

プロゴルファーの顔相は池袋絵意知にお任せ!

『週刊ゴルフダイジェスト』

ゴルフレッスン誌『ALBA(アルバ)』

『週刊パーゴルフ』

などなどこれまでメジャーゴルフ雑誌で20回くらい顔相鑑定してきましたが、ついには私が顔の研究を本格的に開始した1999年生まれの選手が活躍する時代がやってきました。

勝負運が強いのは?注目の”黄金世代”を”顔相”チェック!

日本女子ゴルフ界を席巻する1998年〜1999年生まれのいわゆるゴールデンエイジの面々。そんな彼女たちの“運気”を顔面評論家の池袋絵意知氏が鑑定。さて、「ここぞ」の勝負に向いているのは……?★の数の多い準に紹介!

ということで1998年〜1999年生まれの女子プロゴルファー黄金世代の顔相を、モノクログラビア5ページ(23P〜)で鑑定しました(勝負向き度付き)。

鑑定したプロはこちらの11人になります。

※誌面では「勝負向き度付き度」の★が多い選手からですが、ここでは順不同で。

畑岡奈紗
新垣比菜
勝みなみ
小祝さくら
三浦桃香
河本結
原英莉花
高橋彩華

(番外編)※黄金世代からは外れるが、いま要注目の3人
エイミー・コガ
安田祐香
吉田優利

そして「水」にこだわる私(水は生活、健康、開運全ての源と考えていて、水の神が鎮まる貴船神社も大好きです)にとってのありがたい企画。

コースで見つけたニッポンの名水

富士の裾野に名水あり!
富士山麓の名水コース
奥箱根温泉の水源
平成の名水百選かき氷
高原の天然水
西の名水コース

とカラー6ページで掲載されていました。
これは必見です!

2018-08-16 | ブログ, 仏教

仏教(釈迦の教え)とお盆と終戦記念日

久しぶりのブログ更新になります。

「告知」も含めいろいろブログに書きたいことはあるのですが、明日やろう、明日やろうと思っているうちにどんどん先送りになってしまい、ついにはお盆休みの最終日となってしまいました。

『明日やろうはバカやろう』
歌:Juice=Juice 作詞:福田花音 作曲:板垣祐介

 

お盆

お盆といえば,ご先祖さまの霊を祀る日本行事で、日本古来の祖霊信仰と仏教が融合したものです。

仏教の教えというのは人間形成にすごく大切だと思います。
芥川龍之介の児童向け短編小説『蜘蛛の糸』とか今の子供たちは読んでるのでしょうか?

現代社会は西洋思想というか資本主義社会が悪いほうに作用して、自分さえよければいいという人が増えてしまったように思います。

 

仏教「原始仏教聖典」

実は昨年くらいからそれまで以上に仏教(釈迦)を意識した生活をしています。
「原始仏教聖典」のほとんどは出家者である弟子に向けて書かれたものですが、それらを意識すると「安穏」「少欲知足」を主眼に置いた生活になっていきます。

2年前にいろいろあったのも影響しているのでしょう。

「安穏」心を平静に保ち、精神を安定させることを第一に考えています。

ゆったり、のんびり生きる。

健康に生きる。

釈迦の教えはつまるところ「少欲知足」です。

生活のためとはいえ金銭を得るために必要以上に時間に使いたくない。

お金を稼ぐとか、富と名誉を得るために仕事でストレスを溜めてしまっては意味がない。

貪欲はいけない。執着心・愛執、欲望をなくす。

偏愛、貪りをしない。

なんてことを意識してやってきましたが、このまま行くと本当に世捨て人みたいになってしまう…。

そろそろ社会復帰しなければ、ということでいったんここでまとめます。

 

『釈迦一日一言』

自分に言い聞かすための言葉もあれば、私を知ってくれている人にも知ってほしい言葉、あるいは縁あって偶然ここへ来た人に知ってほしい言葉、などなどをアトランダムに紹介します。

知りながらも偽りを言うようになれば、どんな悪事も犯すようになる。悪いことをするから、偽りを言わねばならないようになり、偽りを言うようになるから、平気で悪いことをするようになる。
『本事経』(24)

愚者は悪事をなしても、その果報の熟せざるあいだは、それを蜜のごとくに思っている。悪の果報が熟するとき、必ず苦悩を受ける。悪事をなしても、その罪業は、しぼりたての牛乳と同じで、ただちに固まることはない。灰に埋められた火のように、燃え続けて愚者を悩ます。
『法句経』(61・71)

手段が正しかろうと不正だろうと、おかまいなしに儲けようとし、嘘をつき、平気で盗んだり、人を騙したりしながら、富を増やすことに巧みで、しかも快楽ばかり追求している人、彼は地獄に堕ちる。
『増支部経典』(3・3)

「十二頭陀」(衣食住に関して「少欲知足」の生活をするための項目)から7つ抜粋。
人里離れた静かなところに住む。
乞食によって生活。
一日一食。
過食せず。
ぼろを着る。
墓場や死体の捨て場に住する。
常に坐して横臥しない。
※一般の人が実践するには難しいことがほとんどですが、できることもあります。

たとえ貨幣の雨を降らせても、欲望を満足させることはできない。「快楽を味わうことは短く、そして苦痛である」と知る者が賢者である。
『法句経』(186)

もしも満足しないのであれば、そこにとどまってはならない。もしも満足していても、立ち去らねばならない。智慧のある人は、人格を完成させないような場所に住んではならない。
『長老偈』(105)

欲の皮の突っ張った者にかぎって、他人を非難する。信仰心のないもの、物惜しみする者、不親切な人間、利己的な人も、やたらと他人を非難する。
『経集』(663)

多くを説くからといって、その人が賢者なのではない。心が穏やかで、怨みなく、恐れることのない人、その人こそが賢者と呼ばれる。多くを説くからといって、その人が道を実践している人ではない。たとえ教えを聞くことが少なくても、身をもって法を見、法に対して不放逸ならざる人、その人こそ道を実践している人である。頭髪が白いからといって長老ではない。ただ年をとっただけでは、愚者である。
『法句経』(258〜260)

 

以上、『釈迦一日一言』ひろさちや(編) 致知出版社 より。
※「原始仏教聖典」から

ただの読書ではなく、実践を意識してやってきた結果が今です。

終戦記念日

そして、昨日は「終戦の日」でした。

「終戦の日」「終戦記念日」「戦没者を追悼し平和を祈念する日」「敗戦の日」
いろんな言葉がありますが、「終戦記念日」ってとてもいい言葉だと思います。

戦いが終わった記念日で終戦記念日。

だけど、戦後73年経った今もまだ争っています。
表面上は戦争になっていませんが、今も日本では戦争がおこなわれています。

テレビも新聞もネットも政治も何もかもが言い争い。

人間はいつまで愚かなのでしょうか?

DA PUMPとハロプロと安室奈美恵と『ミスターU.S.A.』(沖縄魂)

DA PUMPとハロプロ

DA PUMPの3年8カ月ぶりの新曲「U.S.A.」が話題になっています。

こちらが先週の5月16日に公開されたDA PUMPの新曲「U.S.A.」

DA PUMP初となるユーロビート楽曲や、いいねダンス、インベーダーダンス、ミュージックビデオもダサイんだけど中毒性がありますね。

繰り返される「ユーエスエー!」「カーモンベイビー アメリカ」というフレーズも癖になります。

DA PUMPダサかっこいい新曲「U.S.A.」MVが100万再生突破! – シネマトゥデイ

この人気に一役買っているのが、ハロー!プロジェクト(ハロプロ)のファンだそう。

DA PUMP 謎の新曲がハロプロファンを熱狂させる5つの理由
ファン歴13年のハロヲタに魅力を聞いた。

DA PUMPの新曲が、ハロー!プロジェクトのファンの間で話題だ。

ということで、いろんな意見や分析がされています。

「つんく♂の洗礼を受けてきたハロヲタには堪らないな」

「(モー)娘。メンバーでの歌割りが容易に浮かぶ」

心を掴んでいる理由は「つんく♂」不足

などなど。

今回のDA PUMPの『U.S.A.』をハロヲタに広め、記事元のFuzzFeedさんから取材を受けた「午前3時の初回生産限定盤SP」(@3am_sp)が答えているように、つんく♂がハロプロのプロデューサーから降りてから、トンチキ要素(『能天気』で『理解不能』な『ちょっと変でダサい』、でも『楽しい』)の楽曲(※冷静になると意味不明だけれど、曲にすると楽しくて中毒性のあるような楽曲のこと)が減ってというのはとてもよくわかります。

『どっちかの夜は昼間』

とか

『だけれど僕らは地球人 同じ船の旅人さ』のように地球や宇宙を持ち出すのも、つんく♂トンチキ曲の特徴で、中毒性のもとです」

っていうのは超同意です。

さらに言うと、トンチキの中にもメッセージ性があるのがつんく曲の真骨頂。

個人的にはモーニング娘。新垣里沙卒業ソングとなった『恋愛ハンター』「地球の怒りに逆らうな」「自然の法則に逆らうな」が好きです。

モーニング娘。『恋愛ハンター』 (MV)

『恋愛ハンター』は昔から好きなんです。

モーニング娘。『恋愛ハンター』(MV) YouTube世界の音楽8位を顔学の観点から分析する。

ただ上のFuzzFeedさんの記事にある「(モー)娘。メンバーでの歌割りが容易に浮かぶ」っていうのは???

DA PUMPは7人組ダンス&ボーカルグループですけど、『U.S.A.』で歌ってるのはリードボーカルのISSAさんだけですし…。

DA PUMPが7人に対してモーニング娘。’18は約2倍の13人。
モーニング娘。’18の歌割にも偏りはあるものの全然違う(今のメンバーがライブでやる昔の曲はともかく最近でも?)。

と記事を読み返してみると、発信者のぱいぱいでか美(@paipaidekami)さんは

DA PUMPの新曲がハロプロみがあると話題ですけど、もはや娘。メンでの歌割りが容易に浮かぶし、MVも想像できますよね。蛍光灯とかがある小さい部屋で蛍光のテカテカ衣装でリップシンクシーン撮るよね。カーモンベイビーアメリカ♪のあとに出来ればワッフー!てコーラス入れたいですよね。リリイベ行こ

と言っていました。

が、歌割りが浮かぶのはまだアンジュルムやこぶしファクトリーではないでしょうか?
トンチキぶりから言っても。近年のハロプロでは…。

「午前3時の初回生産限定盤SP」(@3am_sp)さんのツイートやリツイートを見ても、ハロプロのファンの中でもアンジュルムのファンがDA PUMPの『U.S.A.』を盛り上げているようです。

もっともこの曲を歌っているのを見てみたいのはBerryz工房(無期限活動停止中)ですけどね。

DA PUMPと安室奈美恵

DA PUMPで『U.S.A.』と聞くと安室奈美恵(スーパー・モンキーズ)のデビュー曲『ミスターU.S.A.』を思い出さずにはいられません。

スーパー・モンキーズ『ミスターU.S.A.』

デザインでは「ス〜パ〜・モンキ〜ズ」ってなってますね。

同じ沖縄出身(現在はオリジナルメンバーのISSAさん以外は他県ですが)。

SUPER MONKEY’S (スーパー・モンキーズ※のちに安室奈美恵とMAXに)が所属していたライジングプロダクションで初の男性ダンス&ボーカルグループがDA PUMP。のちに歌手の三浦大知も輩出。

スーパー・モンキーズやSPEEDと同じように全員が沖縄県および沖縄アクターズスクール出身でした。

その、ライジング&沖縄アクターズスクールの原点とも言うべきスーパー・モンキーズの『ミスターU.S.A.』に立ち返ったようなDA PUMP『U.S.A.』。

『ミスターU.S.A.』の歌詞には、

砂の上のラジオで夢が鳴ってた Tenderly

他人(ひと)のキャデラック磨く

『U.S.A.』の歌詞には、

リーゼントヘア真似した

FM聴いてた渚

などなど、どちらもアメリカンな歌詞が散りばめられています。
それも一時代前の、今よりもっとアメリカの文化の影響を受けていた沖縄の。

ちなみに『ミスターU.S.A.』は作詞:売野雅勇 作曲・編曲:小森田実

DA PUMPの『U.S.A.』の作詞はshungo.さんという方だそうです。※曲のほうは90年代前半のユーロビートを代表するイタリア人歌手Joe Yellow(ジョーイエロー)のカバー曲でタイトルも『U.S.A』。

同じ、「U.S.A.」というフレーズでも歌い方は、

『ミスターU.S.A.』は「ユエスエー!」

『U.S.A.』の「U.S.A.」は「ユー!エスエー!」です。

文字にすると。

また、DA PUMPの『U.S.A.』がISSA一人で歌ってダンスメンバーはコーラスのみのように、
スーパー・モンキーズの『ミスターU.S.A.』も安室奈美恵一人が歌ってダンスメンがコーラスでした。

ちなみに私はスーパーモンキーズのデビュー時から好きでしたので、「ミスターU.S.A.」はカラオケで歌えます。

今から10年前の2008年のブログに詳しく書いているので下のリンクをご覧ください。

泉麻人さん忘年会&泉麻人さんカラオケ大会

今でも安室奈美恵で1番好きな曲が『ミスターU.S.A.』です。

安室奈美恵と沖縄県

で、2〜3日前にこのブログを書こうと思っていたところこんなニュースが。

安室奈美恵さんに沖縄県民栄誉賞 県庁で表彰、涙を拭う場面も | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

今年9月で引退をする安室奈美恵さんに翁長雄志沖縄県知事から県民栄誉賞が贈られました。

とても喜ばしいことで、なんなら安倍晋三総理から安室奈美恵さんに国民栄誉賞を贈ってくれてもいいとさえ思います。

賞を政治利用するのは好きではありませんし、上記県民栄誉賞はそうではありませんが。

沖縄県と在日米軍基地は切っても切れない関係。

沖縄の嘉手納・普天間などにアメリカ軍の基地があり、アメリカの文化に近かったから安室奈美恵もDA PUMPも誕生しました。

思うところはあるものの、アメリカのいい部分を受け入れ、それを表現してきたのが沖縄魂の1つだと思います。

過去の戦争、未来の起こるかもしれない戦争、人それぞれいろんな思いがあるでしょう。
また、沖縄に米軍基地があるから今の日本は戦争に巻き込まれていないともいえます。もし戦争が起きたら逆に沖縄は思いっきり巻き込まれますが…。

沖縄を政治的思想で争うための道具ではなく、アメリカ文化の影響を受けて育った文化都市としてより発展させていくことが日本人の務めだと思います。

右だ左だとカリカリしてる人はとりあえず、DA PUMPの『U.S.A.』を聴いみて!

人生はトンチキでいこう!

真野恵里菜 「元気者で行こう!」(MV)

※バックダンサーは竹内朱莉(現アンジュルム)、佐保明梨(現アップアップガールズ(仮))、吉川友、佐藤綾乃(元アップアップガールズ(仮))。

1 2 3 4 5